绒绣历史 / Woolen Needlepoint Tapestry Of History

绒绣历史

  绒绣,亦名“绒线绣”,17-19世纪在英国盛行,原流行于欧洲,是欧洲贵族身份的象征,后传到山东烟台,属于中国重要非物质文化遗产之一。
  绒绣源于刺绣,高于刺绣,是用于彩色绒线在特制的网眼麻布上进行绣制的一种手工艺品,通过染色、劈线、汇色等复杂工艺将油画、国画、摄影等艺术作品充分表现出来。具有浑厚庄重、色彩丰富、层次清晰等特点。小可盈寸珍品,惟妙惟肖;大可数丈巨制,宏伟壮观。人民大会堂、毛主席纪念堂都能看到绒绣的身影,是国家外事活动中常用的馈赠佳品。
  

毛糸刺繍の紹介(日文介绍)

  毛糸刺繍とは、羢線刺繍ともいい、17~19世紀にイギリスで盛んに行われた。もとはヨーロッパで貴族身分のシンボルとして広まった。その後、山東省煙台市へ伝わり、中国で重要な無形文化遺産の一つとなった。
  毛糸刺繍は、刺繍に起源するが、刺繍に上回り、カラーの毛糸を使って特製の網目麻布に刺繍する手芸品である。染色・糸割り・糸織りなど複雑な工芸にて油絵、中国画、撮影など芸術作品を十分に表し、重厚重々しく、豊富な色、区切りがはっきりされるとの特徴がある。真に迫る数寸の小さい珍品も造れるし、雄壮偉大で壮観な数丈の製品も完成できる。人民大会堂、毛主席記念堂にも毛糸刺繍品が見え、国家の外交事務で常用する贈り物の上物である。

联系方式

Address: 烟台市芝罘区青年南路1861文化创意园区
Phone: (0) 18853549319 15688503999
F a x: (0535) 6585018
Email: stevenhuangyx@yahoo.com

Google 地图

在线分享